認知症の検査ができる病院はどこ

認知症の検査ができる病院ってどこでしょう。当サイトでは認知症の検査ができる病院を都道府県別に紹介しています。

ご本人はもちろんのこと、ご両親や配偶者などの身近な人に認知症の疑いがあるなら早めに検査を受けた方が良いです。認知症を早期発見ができたら、その後の進行も遅らすことができます。異常なしの結果がわかったら不安感からのストレスも無くなります。

本人からしてみれば嫌がることも多いでしょうが、最近では認知症の検査を受けている40代や50代の人も増えているようです。

なんとか説得して認知症検査の為に病院に連れて行くことができれば、その後の人生が変わってきます。

ぜひ当サイトであなたのお住まいの近くにある認知症の検査ができる病院を探してください。

何科を受診すればいいの?

認知症の検査は神経内科や精神科、心療内科、脳外科で受けられる場合が多いようです。最近では「もの忘れ外来」という専門科もできています。

もし、判断に迷った時には、自分のかかりつけ医に相談してみて紹介してもらいましょう。

認知症の検査はどのようにするの?

認知症の検査は医師による問診やCTやMRIなどの画像検査、血液検査などの結果を総合して判断されます。自宅の簡易テストで認知症の疑いがちょっとでもあったなら早めに医師の診断を受けた方がよいでしょう。

本人からしてみれば認めたくない気持ちが強いでしょうが、脳波や画像での脳の委縮や梗塞、出血があれば一目瞭然で否定のしようもありません。

認知症の原因が転倒などによる硬膜外血腫であれば手術によって治る場合もあります。発見を遅らせてせっかくの治る認知症の症状を進行させてしまうのはとてももったいないです。

認知症の初期症状とは

・もの忘れがひどくなった
・判断や理解力が衰えた
・時間や場所がわからない
・人柄が変わった
・不安感が強くなる
・意欲がなくなった


身近な人がこれらの症状が気になったなら、本人が拒否していてもなんとか説得して認知症の検査ができる病院に連れていきましょう。

今では認知症の治療薬も増えています。認知症は治療により完治させるのは難しい病気ですが、早期発見すれば以後の進行をそれだけ遅らせることができます。早期発見が何よりも大切です。

カテゴリ一覧